牝苛め
おんなイジメ
トップ 調教 縛り・拘束 奴隷 羞恥 LINK
その2へ 奴隷 その1
被虐麗夫人・沙耶華

社長婦人としてセレブ生活を送る沙耶華だが、OLの身から玉の輿に乗った沙耶華に対して、夫は何かと上からものを言う。特にセックスに関しては、当たり前のように変態的な要求をするのだった…。
排泄処理専門 人豚への手引き 奴隷製造現場

まずはフィストでアナル拡張。鉗子で肛門を押し広げ、張型2本でプレイ。特大浣腸をブチ込み、肉棒をアソコとアナルにブチ込む。緊縛して生本番中出し。次に大輪姦。何人もの男を迎え入れ、乱交プレイ。三穴同時生本番は当たり前。どちらの穴へ何発中出ししたかもうすでに分からなくなった。もちろん顔と口にもたっぷりと精子をかける。そして定番「小便消毒」でたっぷりと顔にブチ撒ける。さあいよいよガチンコ躾の開始!従順な淫豚に仕込む為、情け容赦は一切無用。乗馬鞭で打ち、口中排尿で便器にもなれるようにたっぷりと口の中へ。そして四つん這いに拘束して100叩きの刑。絶命寸前にバーナーで熱した超激熱蝋燭をお見舞いし、絶対服従の精神を植え付ける。人間としての心が折れた人ブタを、さらに確立された淫獣マシーンへと作り上げる為、とどめの激痛革の一本鞭による無限叩きが延々と続く…。
究極の男尊女○の世界シリーズ 人間便器

この世界では、すべての女は成人になると人格矯正プログラムを受け人格の無い「人間便器」として生まれ変わる。顔もマンコも便器と一体化した彼女たちは感情こそないものの、人間の男性に奉仕することが至上の喜びなのです。小便をした臭いチンポもキレイにお掃除、変形させてのセックスも可能です。上位機種にはアナル舐めウォシュレット機能も備わっており、その美しくスケベなフォルムに溜まったザーメンをぶっかける。男尊女○という差別甚だしい世界で、究極の人間便器に欲望の全てを垂れ流す!
愛奴 〜悦虐縄〜 如月つかさ

被虐の悦びに溺れ、愛を請け負う愛奴のロマネスク。縄悦恥虐の深淵をそっと覗いて見てみれば、震える唇紅の囁きにトタントタンと鞭が鳴る…。被虐の悦びに溺れる愛の新世界!
『射精公衆便女』が存在した!!

女を性処理の道具として人身売買する炭鉱村があるという噂。事実を確認するため、飛び込みで噂の村に潜入!そこで撮影隊は、伝説の射精公衆便所の存在を突き止める!!女たちを便器として調教し、犯し、そして人格のない道具として扱う事実!しかし、それを取材する条件は、女ADを女便器として差し出すこと…その究極の選択を迫られた女ADが便器と化し、犯され、人格を失っていく様をご覧下さい!

監禁淫悦 美人OLの受難 早瀬京香

『京香、私は心配だよ、街では獣以下の男たちが君の麗しい肉体を狙っているんだよ、だから決めたたんだ…』みもしらぬ男に拉致された美麗OL京香。強制監禁!緊縛凌辱!『外は危険なんだよ、ここにいなきゃだめなんだ』変態男の容赦ない狂気の淫虐牝奴隷調教が今始まる!

こいつらに××なんてありません!! 人間××

総勢154体の人格を破壊され「モノ」に成り下がった女達…ある者は家具として、またある者は家畜として扱われ、やがて奉仕の心に目覚める…これはそんな女達の姿をとらえたヒューマンドキュメンタリーである!!「ヒト」が「モノ」になる瞬間…快楽の奴隷と化した女達の姿をカメラは冷酷に写し撮る!!女を肉便器として徹底的に陵辱する「射精公衆便所」とそれに続く続編も同時収録!!

SM淫獣図鑑5

「イヤらしいケツさらして豚犬奴隷の絶頂を見せろ!」幻覚の奴隷調教ルームに囚われた人妻に襲いかかる、ハチャメチャ変態淫辱の嵐!


「奴隷女の烙印」 秋麗子

従順で可愛らしいマゾ性で、良い声で鳴き、喘ぎ、心をこめて必死に足指・肉棒・裏・表・先っぽ・尻穴と舐め廻し・チューチューと吸い廻ってくれます。それはもう彼女の持って産まれた本能で、自分が男を悦ばすための玩具だということを知ってるとしか言えません。

女馬の嘶き 佐伯奈々・川上ゆう

魁監督作品。長身マゾ女の破廉恥な性癖。ハミかませ馬乗りプレイ、スパンキング、浣腸、蝋燭、フェラ、FUCK…。「いいこと?奈々は女馬よ」「はい。奈々はゆうか様の女馬です。奈々はゆうか様を愛しています」「返事は全部ヒヒーンよ!ほら嘶くのよ!」恍惚に浸りながら服従する悦びへ誘われる姿…。

人間家具

家中の家具が『人間』だったら!?新種の特殊遺伝子が発見された人間は、捕獲・調教を経て『家具』として売られる!?そんな世界の、一般家庭の生活をご覧下さい!女性器に花や電球が突き刺さる「花瓶」や「電気スタンド」、食べ残しを処分させられる「テーブル」、あげくにトイレの「便器」で人間の尿や精液の処理をさせられる!もう完璧に『物』として扱われる女たち!わずかに残された人としての意識が、切ない表情や苦しみを微かにあらわす!
Copyright 2010  -mesuijime  All rights reserved.